生活習慣病は百害あって一利なし

日頃の生活習慣が原因で生活習慣病になってしまった場合、普段の生活に支障が出たり、体に良くないことが起きてきます。病気なので当たり前のことではありますが、普段の生活習慣から起きてしまうものなので、人によっては危機感を感じない可能性があります。糖尿病はその危険性が認知されているほうなので別だと思いますが、高血圧なども立派な生活習慣病に含まれます。高血圧は普段の自分の体調や症状として明確な違いが出てこないので油断しがちですが、実は脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性のある非常に危険なものなのです。

研究内容

仮に糖尿病になってしまった場合、普段の生活習慣を見直すのはもちろんのこと、症状によってはインスリンを注射する必要があったりと日常生活に多大な影響を及ぼします。高血圧の人は血圧がさらに上がるようなことを控えなければいけなくなります。また、肥満状態にある人はそこから別の生活習慣病に発展する可能性があるため、これも早急な改善が必要になりますね。なんにせよ生活習慣から生じる多くの症状は、結局のところ生活習慣を根本的に見直して行く必要があるわけです。

公文書にみる発明のチカラ - 49. グルタミン酸の発見(池田菊苗) : 国立公文書館

病気というのは種類や症状を問わず、人々の生活に大きな影響を与えるものになります。そのうえで、生活習慣病はとにかく厄介なのです。今までの生活習慣ではダメだったということになるわけですから、生活そのものを見直すことが治療の第一歩となり、そのうえで治療を行っていく必要があるためですね。

プロテイン

当たり前の話ですが、生活習慣病になっていいことなどひとつもありません。百害あって一利なしのものなので、そうなってしまう前に生活習慣を見直し、健康的な生活を送るようにしましょう。