汗っかきだからって身体の代謝がいい訳じゃないらしい

汗っかきの人はカラダの代謝が良いイメージがないだろうか?
汗をかくというのはカラダが熱いからだろう。
カラダが熱いなら代謝がいいはずだ。
そういうイメージがあるのだと思う。

筋肉痛の原因と対処法について | 全国高等学校駅伝競走大会

事実、汗をよくかく人に代謝が良い人はかなり多く存在する。
例えばスポーツをする習慣のある人たち。
スポーツによる発汗はスポーツする習慣によって向上し、その場合、同時にエネルギー、つまり体温の上昇が効率的になっている。
スポーツ時の発汗は体温が上がりすぎて、カラダのいろんなバランスが崩れるのを防ぐ意味がある。
つまりスポーツをする習慣のある汗っかきの人はエネルギー代謝、そして水分代謝(あるいは新陳代謝といった方がいいかもしれない)が向上している可能性が高い。

ところが、汗っかきの人の中には特に代謝が良いとは言えないケースも存在する。
すごくざっくり説明すると、前述のスポーツ習慣のある人と異なる。
エネルギーを使って体温を上げ、その後汗をかくというプロセスになっていない。
単に外部からの熱、例えば食事や日光からの熱などを受けることによって体温が上昇し、しかも簡単に体温が上昇し、それを抑えるために汗をかくというパターンになっている場合である。

iTunes - Podcast - AM1422kHzRadioNippon「GJ部 天使恵のビルドアップするラジオ♪ポッドキャスト」

肥満の方のカラダには脂肪が蓄えられているが、脂肪細胞が熱をすぐ放出するのですぐに体温が上昇する。
こういう場合、体温がすぐに大きく上昇し、汗によってある程度体温はすぐに下がる。
結果として汗が大量に出るわりには代謝としては水がでるだけなのでエネルギーの代謝は少ない。

プロテインはこれがオススメ

このように汗をかくだけで代謝がよいと考えるのは間違っている。
カラダのエネルギーを使うことにもっと気を付けるべきだろう。